2009.01.28 Wednesday

全日本のダイジェスト

前回の日記で紹介した全日本卓球選手権のダイジェストはご覧になりましたか?

私はSmile Downloaderを使ってダウンロード保存して何度か繰り返しPCで見ましたが、何度見ても感心してしまいます。

すごいファインプレーの応酬。

すばらしい……。
さすが、全日本。

一流選手たちのプレーの素晴らしさに溜息が出ます。
そして、見ているだけで脳トレ、イメージトレーニングができる気がします。
このビデオ、勉強になります。
お薦めですよー。

アップロードしてくれた方がどなたかは分かりませんが、本当にありがたいことです。感謝、感謝。

2009.01.24 Saturday

全日本ハイライト

ニコニコのhttp://www.nicovideo.jp/mylist/5095228に、全日本選手権の総集編的なビデオがありました。
画質が良くて見やすいです。

2009.01.24 Saturday

Mytabletennis会員のビジターさん

毎日、チェックするインターネットの卓球情報サイト、
Mytabletennisの日本在住の会員さん(tatapxさん、日本語も話せる外国の方)が、私がOGとして参加しているPTAクラブの2月初めの練習にビジターとして参加することになりました。

昨年暮にも、アメリカのワシントン州から夫婦で来日したついでに、同じサイトの会員さん(Sirloopsalot)がビジター参加したばかり。
似たことが続きます。

「卓球は世界をつなぐ!」

うちのPTAクラブの仲間たちはみな親切で気のいい人ばかり。
英語はあんまりしゃべれなくても、臆することなく、Sirloopsalotさんの相手をしたり、一緒にダブルスを組んで試合をしたりしていました。

2月初めにtatapxさんが参加しても大丈夫。
彼は日本語も堪能なようですから、なおさらですね。

2009.01.21 Wednesday

ファインプレーについて

以前、PTAの後輩が私の試合を見た後で言いました。

「ほとんど動いていないのに驚いた。それなのにどうしてボールをちゃんと取れるのかと思った」

必要な程度には動いているんですけど、どうも私の卓球は「省エネ卓球」に見えるようです。

でもね、必要な時はちゃんと動いてますよー。
(私にしてはね)

現に、ダブルスの時に多いのですが、攻撃をしのぐために、仕方なく台から数メートルも下がって、(ペアがカットマンですが、私もにわかカットマンになって)カットしたり、ロングで打ち返すこともあるんですから。

でも、下がらざるを得ない時というのは得てして「絶対不利」の場面。

動き回り、拾いまくる華やかな卓球は真似できませんし、そういう卓球をするにも脚力も体力もありません。

小柄なのものですから、普通は台から離されたらダメダーメ。
先手攻撃をして、打ち抜くスタイルでいかないと負けます。

自分に合った卓球スタイルを身に付けるしかありませんよね。

いとも簡単に、軽く取っているように見えるほうがファインプレーよりも、「本当は」良いんですよね。

ファインプレーに見えるのは、実は、やっとこさだったり、不利な場面であることが多くないですか?

私のスタイルの原点は、シェークになった頃に習った韓国人のコーチから、「足幅をもっと広くして、壁になりなさい。右にボールが来たら右に1歩、左なら左に1歩足を出すこと」と教えられたからです。

それまでは、昔習った卓球だったので、よ〜〜〜く、動いていましたよ。
ホントに、「すご〜〜く」動いていました。
台ががら空きになるくらいでした。
(ありゃ)
2009.01.20 Tuesday

リターンボードを購入

以前にご紹介したことのある、リターンボードをインターネットで注文しました。


ダブルリターンボードで、212ユーロ+送料52ユーロ、合計264ユーロ(=32204円)。
Paypalアカウントで送金手続きを済ませたら、すぐに現地から明日送るとメール連絡がありました。

楽しみで〜す。(ルンルン〜♪)
2009.01.20 Tuesday

2008トーナメントオブチャンピオンズ

1月15日にYouTubeにアップされた準々決勝、ボルvsパーソンの試合:

2009.01.19 Monday

平成20年度 全日本卓球選手権が閉幕

昨日、閉幕した全日本卓球選手権大会のビデオがもうYouTubeやニコニコなどにアップロードされていますね。
(早い! ビックリ!)

斉藤清さんの試合松下浩二さんの引退試合、ベスト4をかけた注目の1戦、石川佳純選手対福原愛選手の試合もあります。
この後も、どなたか、自分で撮影したものを提供してくれることを期待しています。

さっそく、Smile Downloaderを使って保存。
(アップロードしてくれた方たちに感謝、感謝です)
後程、ゆっくりと見ることにします。

斉藤清さんの試合(対五十嵐選手)では審判としてコートにいました。
バックのショートブロックが固く、ストレート(相手のバックへ)へ何度も返球してしのぎ、フォアハンドの強打でポイントを取っていました。
フットワークも素晴らしかったです。
(強い。凄い!)

昨日は閉会式後に会場後片付けをした後、審判団は解散。
無事終了できてよかったです。
万々歳。
2009.01.14 Wednesday

2008世界ジュニア選手権大会

不動点さん提供:
(wmv版)
男子単3回戦
松平健太 wr99 2−4 アラミヤン(IRI)wr492
http://www.megaupload.com/?d=HV2627DX

女子単決勝
A.ソルヤ(GER)wr131 0−4 曹麗思(CHN)wr112
http://www.megaupload.com/?d=LTN9B2HI
このビデオは,試合の最終局面は抜けていますが,アンチ(ゴリラ)使いのソルヤの対処法の勉強には良いと思います(←不動点さんのコメント)
 
 Dr.Neubauerのアンチラバー(「ゴリラ」)を使うソルヤ選手のバックハンドフォームは独特ですね。

女子単準々決勝
王大琴(CHN) 4−3 石川佳純
http://www.megaupload.com/?d=904L9L9Q

女子単準決勝
曹麗思(CHN)wr112 4−1 王大琴(CHN)wr--
http://www.megaupload.com/?d=5OSYH4KK

女子単準決勝
谷岡あゆか wr331 2−4 A.ソルヤ(GER)wr131
http://www.megaupload.com/?d=T3V27PGG
1時間を越える熱戦です.
2009.01.14 Wednesday

全日本卓球選手権が開幕

昨日、千駄ヶ谷の東京体育館で、平成20年度天皇杯皇后杯全日本卓球選手権大会が開幕しました。

例年と違って、いきなり試合から始まり、当日分の予定試合を終了した後、午後5時から開会式が行われました。
シード選手たちを先頭に、各県ごとに入場行進を行い、全員が整列するまでにかなりの時間がかかり、改めて大会参加選手の多さに気づかされました。

水谷隼選手が天皇杯、平野選手が皇后杯を返還し、その後、平野選手による選手宣誓がありました。

開会式終了後、一度片付けたコートを全て元通りにする作業をして、審判団は解散。
(汗、ヤレヤレ)

今大会、例年より多い審判員が集められており、ほとんどのコートに審判員5人が配置されていました。
4人体制が普通でしたから、審判員にとって余裕があるのは喜ばしいことです。

一人当たり交通費として一日3000円と昼食、夜までかかる時は夕食も提供されますから、運営側には相当の経費増になるでしょうね。
ちょっと心配。
(私の心配すべきことではありませんね)

タイムテーブル作成、広告、後援団体への依頼、進行、式典、会場設営、片付け…等など、大会運営は大事業。

これもすべて選手たちのため、日本の卓球の発展のためとも言えるでしょう。
ガンバレー、選手たち!!

(ガンバレー、運営役員のみなさん、審判団のみんな!)
2009.01.09 Friday

ジュニアの試合 野邑太陽くんほか

ジュニア選手の試合はなかなか見つからないのですが、たまたま、見つけたのが、世界カデットの男子シングルス決勝(5m47s)の試合。
(YouTubeから)
日本の野邑太陽選手と相手は誰でしょうか。
(高画質版は上の↑リンクをクリック)



ジュニア男子の団体戦決勝 4m11s

同ダブルス 1m17s

同準決勝 2m52s

2007世界ジュニアサーキットから
丹羽くんと町飛鳥くんのダブルス

2007フランス大会女子カデット決勝
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM