<< マルチボールと新審判服の導入 | main | 2019 日中国際交流卓球大会 >>
2018.10.21 Sunday

力を抜くこと

今、私が習っているのは中国人の男性コーチですが、27年前、ペンから一時期シェークラケットにしたことがあり、その時に2年ほど韓国人女性コーチに言われて直したことがあります。

 

当時は、「あー、今日も全然だめだった」と、指導を受けた後はいつも反省ばかりで、落胆して家に帰っていました。

でも、こうやって書きだしてみると、とてもいいコーチだったのだなと気づかされます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.腕の力を抜くとスイングスピードが上がる。(本人は力を入れているつもりはなかったが、実は力が入っていた)

2.足の幅をもっと広くして、テーブルに正対し、壁になる。(それ以前は肩幅くらいに狭く、やたらとフットワークで左右に飛び跳ねていました)

3.フォア打ちの時に腕を開かない。スキーストックを持つ形と構えで、左肩がエンドに直角になるまで体をひねる。(確かに、腕を「開いて閉じて」打つと、不安定で、スウィングスピードも上がらないですね)

4.右一歩、左一歩でカバーできる。

 バックハンド時、重心移動でボールの軌道・ラケット・頭が一直線になるように構えと、フォアからバックまでの広い範囲を同じ場所にいながらカバーできる。

5.バックハンドは肘を支点にする。9時から12時方向に時計の針のようなワイパーのようなスウィング。

 (肘の位置を維持すること)

6.フォア打ちの時に肘が内側に入らないように注意。(内側に入ると腕が上向きにひねることになり、ラケット角度が上向きに変わる)

7.ラケットのグリップをニュートラルにする(手と同じにする。フォア面は手のひら、バック面は手の甲と同じ角度)

8.バックハンドボレー(ペンのバックショート)はボールがついてすぐの早いタイミングで打つ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シェークからペンに戻してしばらく後に裏面打法を始めた時にもスムースに振れたし、あまり動き回らずに省エネ卓球ができているのも、このコーチのおかげでしょう。

あらためて感謝、感謝。

 

コメント
さくらさん、

確かに、今も習っているコーチに出会ったのは日中卓球センターでした。
その後、引き続き別の場所で習っています。

中国卓球の合理性、細やかさ、柔軟性にはまりました。
新しい技術がどんどん取り入れられて、卓球は進化し続けていますね。
YouTubeでプロコーチによるレッスン動画も多数見つけることができるのはありがたいことです。
  • ムサシママ
  • 2019.02.06 Wednesday 19:51
 わかりやすい内容で参考にさせていただきます。
ムサシママさんは 日中卓球教室のコーチに習っているのですか?
環境を変えたいのでコーチを探しています。
  • さくら
  • 2019.02.06 Wednesday 14:10
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM